サービス紹介

茨城県の製造業の未来をひらく
イキイキとした人材を育てる

ケーススタディ

ケーススタディ

UTHPのサービスの特徴

無期雇用派遣の新しいはたらき方、「疑似共同雇用」を提案します。

日本の製造の現場は、今、人材の確保やその長期間定着、生産効率の向上など、多くの課題を抱えています。
UTHPが提案する「疑似共同雇用」はお客様とともにはたらく人1人ひとりの教育、評価、キャリア形成の制度を確立することで、はたらく人の成長や仕事の成果が正当に昇給や賃金に反映される、無期雇用派遣の新しい労働環境を創出します。

これは、現在日本政府が推奨する「働き方改革」や「同一労働同一賃金」を実現するとともに、出勤率、定着率、1人あたりの生産性の向上が期待されるスキームです。

疑似共同雇用
定着率・生産性の向上